RSS
  • 健康茶
  • 美容シリーズ
  • ノンカフェイン
  • こだわり
  • お風呂用パック

小川生薬4つのブランドについて

小川生薬4つのブランドについて

「価格は高くなってもいいから、最高品質の伝統的な商品が欲しい」というお客様の声にも、「いま話題の、あの商品をお手軽な価格で届けて欲しい」というお客様にも、小川生薬は真摯に向き合っていきたいと考えています。
原材料や商品のコンセプトによって小川生薬の商品は4つのブランドに分かれています。
ぜひ商品選びの参考になさってください。

原料原産地国内産のみ国内産・外国産国内産・外国産国内産・外国産
品 質
  • 生産者限定などの厳選素材
  • 通常では手に入らない貴重な生薬も使用
  • 残留農薬検査済み
  • 基本的に国産原材料を使用
    (国内に生育しにくいものについては外国産)
  • 有機原材料も積極的に使用
  • 残留農薬検査済み
  • 残留農薬検査済み
  • 残留農薬検査済み
価格帯
最高品質を実現するために
いくぶん価格は高くなります
品質維持を最優先とし、値上げせざるを得ない状況となった場合には、品質を下げたり製造工程を簡略化することなく値上げさせていただきます。
適正価格での提供に
全力で取り組みます
小川生薬と生産者のつながりを活かし、安全な高品質原材料を用いながら日々の生活の中で毎日お使いいただける価格を目指します。

お求めになりやすい
価格での提供
多様化するニーズにお応えし、より多くの皆様に手にとっていただける価格を目指します。



現実的な安心安全を生活の中に実現する価格での提供



株式会社 小川生薬
会長 小川 正美
厳選小川生薬担当

私どもの所在は、四国のほぼ中心に位置し、吉野川が町の東西を横断し四国山地と讃岐山脈に囲まれた生薬製造業にとって非常に恵まれた環境にあります。
大正末期、私の父である初代が四国の山々から集められた生薬を選別し、大阪の道修町をはじめとする生薬問屋へ納入したのが、我が社のはじまりです。

私は16歳の時に、初代の計らいもあって、当時取引先であった大阪の生薬問屋に住みこみの社員として生薬の世界へ飛び込みました。
私が勤めた大阪の生薬問屋は、「薬屋の百貨店」と言われるほど薬の種類が非常に多くあり、当時覚えるのに苦労したものです。

その甲斐もあり、今では目でみただけで生薬の判定ができるようになり、「確かな目」を養うことができました。
若い時に培った「知識と知恵」が、現在の小川生薬の礎となっております。

昭和33年 故郷の徳島県に帰郷し、集荷された生薬に一次加工を施すため小川生薬刻工場を建て初代より生薬業を引き継ぎ、今日に至っております。さらに、三代目が生薬の知識を生かした健康茶作りに日々励んでおります。

「厳選 小川生薬」は、小川生薬の数ある商品の中でも「原料」「品質」「こだわり」全てが、最上級のものです。
その商品一つ一つに懸ける思い。費やす時間は、他のブランドを寄せ付けません。

時代の流れにそぐわずとも守るべき伝統と製法はしっかりと守って、且つ柔軟に世の需要に対応すべく、「生産者の育成」「加工技術や新しい生薬の活用方法の開発」に日々精進してまいりたいと考えております。

株式会社 小川生薬
製造部品質管理課 課長 多田 幸司
小川生薬担当

小川生薬は、生誕90周年を迎えました。
これもひとえに皆様の変わらぬご愛顧のおかげであります。

初代が生活物資を山間の村々に運び、そこで収穫された生薬と引き換えするバーター式で和産生薬の集荷をはじめてから早90年…。
今では、健康茶のみならず青汁や入浴剤まで幅広い生薬商品を取り扱っております。

「自然の恩恵を受け、自然との共生の道を歩んできた先人の知恵」

漢方や民間薬の世界では、今でもそれらの知恵が息づき生かされています。
私たちは、再生と持続が可能な原料である植物を活用し、生薬製造の歴史と知恵から生まれた、体に優しく安全な商品を皆様の生活の中に提案していけたらと考えております。

小川生薬ブランドの中でも中枢の「小川生薬」は、国産のものから外国産のものまで厳選した最高品質の原料を使用し、大正14年の創業以来培ってきた技術と経験を活かし、植物が持つ能力を最大化するための特別な加工を施した健康茶を主に取り扱っております。

これからも、小川生薬は皆様の生活の一部になれるよう良質で、安全安心のある商品を提供できるよう日々精進していく所存であります。

株式会社 小川生薬
商品開発部 馬場 凱章
Another Story担当

生薬というとどこか『古く堅そうなイメージ』を抱かれることがあるかと思います。私の同世代の友人に生薬会社に勤めていると説明しても、生薬に興味がなく親しみがないとよく言われます。健康茶も同じで今やミネラルウォーターやコーヒーなど様々な飲み物が流行し、健康茶の認知度が上がるどころか存在さえも知られていないのが現状だと思います。
私はこのことを受け、どうにかして生薬や健康茶の良さを若い方や今まで生薬に関心がなかった方々に知ってもらいたいと考えております。

小川生薬アナザーストーリーは、文字通り『小川生薬のもう一つの物語』です。
小川生薬の長い歴史の中で培ってきた、良い物を見る目や、加工技術を活かしながらも、新しい文化を取り入れ、幅広いお客様に新しい価値を提供できるよう誕生しました

生薬や様々な健康食品が小川生薬アナザーストーリーを通じて、お客様の生活に浸透し、より良い日々を送れるよう様々な提案していきたいと思います。

株式会社 小川生薬
ネット事業部 チーフマネージャー
仲 真理子
めぐりあう恵み担当

ネット事業部 チーフマネージャーの仲です。
日々お客様の対応と、広く商品企画の会議にも参加していますが、私はひとりの主婦であり、ひとりの母です。自分の生活の中で使うものや触れるものはやはり安全なものであってほしいと思います。
その一方で当然家計をあずかる身でもありますから、いくら安全ですぐれたものとわかっていても、すべて最高品質のものでそろえることというのは現実的ではありません。
「めぐりあう恵み」はまさにそういう主婦目線で現実的な安心安全というものを生活の中に実現する新たなブランドとして誕生しました。
「めぐりあう恵み」の商品開発や商品企画においてはひとりの主婦としての願いをそこに込めたいと思います。

 

ページトップへ